耕作放棄地を再生させた畑を受け継ぐ農家の担い手を地域おこし協力隊として募集 | ニホン継業バンク
  • 会員登録
  • ログイン

2022.06.06

耕作放棄地を再生させた畑を受け継ぐ農家の担い手を地域おこし協力隊として募集

後継ぎ募集

耕作放棄地を活用した畑づくり

竹を切り開墾した耕作放棄地

太平洋に面し、島と海岸線が美しい奥松島の景色が広がる東松島市の西部にある鳴瀬地区。東北地方に位置しながら比較的温暖な地域で、早春には椿が咲き誇ることから「東北の伊豆」とも呼ばれています。

心癒される自然が豊かな地域ですが、高齢化に伴ってあるひとつの課題があるといいます。それは、耕作放棄地の増加。耕作放棄地とは、誰かが所有していながら一年以上作物が栽培がされていない土地のこと。利用されない土地はやがて荒れ果て、景観を損ねるだけでなく、害獣の住処になる可能性もあり、日本全国で深刻な問題となっています。

そんな耕作放棄地を活用して、20年ほど前から農家を営んでいるのは、元東松島市役所職員の三浦養一さん。17年ほど農林水産課で働き、地域の耕作放棄地の課題に気づいたといいます。

「耕作放棄地がもったいないので、知人の土地を借りて柿や栗を植えはじめました。現在は柑橘類を中心に約15種類の作物を育てています。1年間を通して何かしら収穫できるんです」

20年前に市職員の傍ら農業をはじめた三浦養一さん

三浦さんの畑があるのは、山の斜面のような場所。鳴瀬地区には平坦な土地が少ないため、傾斜を活用して収穫できる作物を育てているのだそう。

「山を開墾するうちに、北風があたらない暖かい場所があることが分かってきました。そこで。ゆずやかぼす、すだちも植えてみたら、収穫できるようになったんです。東松島で柑橘を育てているのは私くらいだと思いますよ」

と笑って話す三浦さん。柑橘や果樹のほかに山菜や野菜などを栽培し、最近はいちじくの栽培に注力しているといいます。

「栄養素も高くて人気の果物なので、ドライフルーツにして販売するのもいいかなと思っていて。未来の後継者の方のためにも、試験的にいろいろやっています」

現在69歳の三浦さんは、これから取り組みたいことも尽きない一方で、元気なうちに栽培のノウハウを教えたいと考えるようになりました。20年かけて整えてきた畑が耕作放棄地になってしまうのはもったいないこと。畑が畑として受け継がれていくことほど嬉しいことはないと養一さんは話します。

山椒の木
たわわに実る梅の実

地域おこし協力隊のミッション

三浦さんのつくった作物は、直売所やスーパーマーケットに卸しているそうですが、年間売上は100万円前後。

農園の後継者候補は、最長3年間の地域おこし協力隊の任期中に、農園の売上増や6次産業化、副業・兼業での生業づくりなど、自立に向けて取り組んでいくことになります。

「私のいまの体力的にはこれが限度ですが、近隣の畑を借りて農地を拡大することはできると思います。栽培する作物を限定して注力すれば、より効率よく経営できるのではないでしょうか」

畑には軽トラでアクセスできるが、健康のために毎日徒歩で通っているという

現在、三浦さんは、友人から借りた約50アール(約5反)の畑を管理しています。三浦さんの後継者になった場合は、これらの畑の管理を引き継ぐほか、畑の拡大を希望する場合は、三浦さんが築いてきた地域ネットワークに頼り、畑を紹介してもらうこともできそうです。

農業のおもしろさについて、三浦さんはこう話します。

「自分がつくった作物を、誰かが『美味しい』と評価してくださりお金をいただけることは、とても素敵なことだと思います。私の畑を継業したことがきっかけになって、その方の作ったものが東松島市を代表する作物になったらかっこいいと思います」

市職員として働きながら兼業農家として、耕作放棄地の問題解決に取り組んできた三浦さんに倣い、耕作放棄地を活かした自分らしい暮らしを実現してくれる方からのご応募をお待ちしています。

募集要項

事業者名

三浦養一(農家)

業務内容

果樹、山菜をはじめとした農作物の栽培、販売

雇用形態

(1)東松島市地域おこし協力隊として市が委嘱します。
(2)東松島市との雇用契約は存在しません。
(3)委嘱期間は、任命された日から1年間とし、勤務実績等により、1年ごとに最長で3年間まで委嘱期間を延長することができます。

勤務時間

活動時間は、月20日(1日あたり7時間45分)を基本とします。

ただし、活動内容によっては、土・日曜・祝日が活動日となることや、夜間の会議等で活動時間を調整していただく場合があります。

・主たる受入れ先での業務(メイン業務) 週4日程度

・その他地域活動等の業務(サブ業務)  週1日程度

 

(サブ業務例)

・東松島市ポータルサイトを制作するためコンテンツの取材

・他の隊員の受入先において、仕事体験・研修

・地域イベントの支援 など

報酬

日額11,500円とし、業務日数は年間240日を上限とします。
※賞与、退職金はありません。
※国民健康保険税、国民年金保険料は各自で加入となります。

活動費

活動費として年間2,000,000円を限度とし補助します。

待遇・福利厚生

(1)次の活動等の経費については、東松島市地域おこし協力隊活動費補助金等交付要綱(以下「交付要綱」という。)の範囲内で必要に応じて補助します。

  1. 住居借上費用は、協議のうえ、交付要綱の範囲内で補助します。
  2. 活動に必要となる経費は、協議のうえ、交付要綱の範囲内で補助します。
  3. 活動用車両は、原則持ち込みとしますが、車両を保有してなく、活動に支障をきたす場合は車両リースなどで対応し、その費用は補助対象経費とします。ただし、燃料費その他費用は活動割合に乗じた金額を補助対象経費とし、交付要綱の範囲内で補助します。

生活や通勤の移動手段として、個人の自家用車の持ち込みをお勧めします。

④ 隊員活動に伴う通信料(固定電話、携帯電話、インターネット接続料金)は、活動割合を乗じた金額を補助対象経費とし、交付要綱の範囲内で補助します。

⑤ パソコンについては、持ち込みをお勧めします。

インターネット接続に関しては、隊員個人が契約するインターネットサービス等に接続していただきます。

⑥ 資格取得費用については、隊員活動に直接的に関係するものに限り、交付要綱の定める範囲内で補助します。

⑦ 損害保険料は、予算の範囲内で市が負担します。

 

(2)次の経費は自己負担となります。

  1. 転居に係る費用、食費、光熱水費、町内会費など
  2. 国民健康保険税、国民年金、介護保険料など
  3. 生活に必要な備品、消耗品など
対象者

(1) 現在、条件不利地域を除く三大都市圏内の都市地域又は政令指定都市に住民票を有し、採用決定後
 は東松島市に住民票及び生活拠点を移すことができる方(家族での居住も可能です。)
 ※同一地域において2年以上地域おこし協力隊員として活動し、解嘱から1年以内の方は、上記の住民票
 所在地は問いません。
(2)年齢 おおむね20歳から45歳までの方
(3)性別 問いません。
(4)心身ともに健康で地域住民と協力しながら活動ができる方
(5)協力隊活動終了後、東松島市において継業して定住する意欲のある方
(6)住民と協力しながら、地域を元気にするために意欲的に行動出来る方
(7)普通自動車免許を所持し、日常的な運転に支障のない方
(8)パソコンの基本的な操作(エクセル、ワード等)ほか、インターネット環境を活動に利用できる方
 (活用する意欲のある方可)
(9)委嘱期間中、東松島市に居住可能な方(市の住民基本台帳への登録必要)
(10)地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条項に該当しない方

選考審査

書類及び面接による審査を行います。

(1)第1次選考応募用紙をもとに書類選考します。選考結果は、応募者全員に通知します。

(2)第2次選考第1次選考合格者は、面接及び事前レポートにて隊員を決定します。

面接日及び事前レポート提出期限日について、第1次選考合格者に通知します。

面接の前に、協力隊制度説明、プロジェクト説明、先輩隊員とのミーティング等を実施予定です。

なお、面接試験等のために要する交通費等は、応募者の負担となります。

委嘱(活動開始)予定

基本的に7月、10月、1月、4月から開始いたします。

※事情等により前後する場合がございます。

※委嘱については、応募から3ヵ月程度掛かりますのでご注意願います。

応募方法

応募用紙を以下の応募・問い合わせ先まで郵送又は持参

※メール不可。応募用紙作成に際しては、ご自身で手書きの上、作成いただきますようお願いいたします。

募集期間

後継者が決定次第、募集終了となります。

応募

東松島市復興政策部復興政策課 担当 髙橋(内1234

〒981-0503 宮城県東松島市矢本字上河戸36-1

電話:0225-82-1111 / FAX:0225-82-8143

E-mail:kikakucity.higashimatsushima.miyagi.jp

本サイトのお問い合わせフォームからのお問い合わせも可能です。

サポート

ひがまつ暮らし(東松島市 移住・定住情報サイト)

移住に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。

その他の継業情報