看板メニューは天然鮎とあまご料理。釣りの名人親子が繋いできた料理店を事業譲渡 | ニホン継業バンク
  • 会員登録
  • ログイン

2022.08.30

看板メニューは天然鮎とあまご料理。釣りの名人親子が繋いできた料理店を事業譲渡

事業譲渡

釣りの名人が営むお店

郡上市から高山市に通じる「せせらぎ街道」の出発点にある、郡上市八幡町の中心部に位置する「芳花園」。オーナーの恩田忠弘さんは、釣り専門雑誌「つり人」に度々掲載される有名な釣り人です。魚を知り尽くした名人が経営するお店ともあって、根強いファンはもちろん、土日は全国からのお客様も訪れるといいます。

郡上市内を流れる吉田川
お店の外観

釣り人かつ料理人として鍛えてきた目利き力で買い付けて調理する天然鮎料理がお店の看板メニュー。郡上市を流れる清流で育った鮎を使った料理は、郡上市の夏の風物詩としても有名です。

「吉田川は流れが速く、深いので、鮎の身が締まっているんです。東京で食べたら、一匹5,000円前後の値段になるでしょう」と恩田さんは話します。

お店で提供している鮎の塩焼き
鮎の内臓を塩辛にした珍味も自家製で販売

お店のこだわり

1952年に恩田さんのお父さんが創業した芳花園を引き継いだのは、24歳の頃でした。父であり初代オーナーの恩田俊雄さんは、渓流釣りの第一人者として多くの釣り人に知られる存在でした。

創業時からのコンセプトは、鮮度が良い郷土の食材を使い、お手頃な価格で提供すること。お店で提供する鮎やあまごは、恩田さんが直接釣り人から仕入れるため、鮮度には自信があるといいます。

店内には世界農業遺産に認定される「郡上鮎」の釣り竿が飾られている。父の俊雄さんが使っていた

また、芳花園は郡上で奥美濃古地鶏発祥の料理店でもあります。鮎料理以外でも郡上産天然しし肉・鹿肉を使った「ジビエ料理」も味わうことができます。

店内の様子

店舗は築35年ですが、無垢材や漆喰壁を使用している趣ある店内は、経年による劣化を感じさせません。毎年2,000万円程度の売上を上げていましたが、近年は新型コロナウイルスの影響を受け、売上は低迷中だといいます。

恩田さんは年齢を重ね体力的に店を続けることが難しくなりはじめており、後継者がいないことから、今まで習得した郷土料理の味と調理技術を受け継いでほしいと考えるようになりました。

長年鍛えてきた目利きの技術と、調理技術をしっかり教えたいと意欲的です。

「鮎の味は、天然と養殖では全く異なります。あまり天然の鮎を食べる機会は少ないかもしれませんが、これからもお客様に食べていただきたいです」

釣りの現場を知り、魚への思い入れが料理にもあらわれている芳花園の料理。釣りの名人親子で営まれてきた郡上市の名物を提供する食事処を引き継いでみませんか?

譲渡概要

事業者名

芳花園

所在地

岐阜県郡上市八幡町小野5-15-4

年商

約2,000万円

HP

芳花園HP

譲渡条件

3,000万円(税別)

店舗と併設する住宅の土地及び建物

・住居2階建(1階:2部屋、キッチン、バス、トイレ/2階:8部屋、トイレ、屋根裏2部屋)

・敷地面積:145坪(席数:50席、駐車場:8台)

・従業員:2名

継いでほしいひと

料理経験者で、郡上八幡の風土や文化に触れ合いたいひと

継業までの流れ

①オンライン面談

②現地面談

③交渉・契約

④事業譲渡

譲渡後に経営面の引継ぎをする予定です。

補助金情報

郡上市事業承継支援事業補助金

市内の既存店舗等の事業を承継しようとする家族承継者又は第三者承継者の、改修に係る経費に対して補助金を交付します。(詳しい要件についてはホームページをご確認下さい。)

補助率・限度額:補助対象経費の2分の1以内とし、50万円

 

郡上市UIJターン就職奨励金

郡上市内の企業が求める優秀な人材や事業を承継する人材を確保するとともに、市内への定住の促進を図ることにより人口の減少を抑制することを目的として、UIJターン者及び新規学卒者に対して奨励金を交付します。

奨励金:対象の方には、10万円を交付

 

新商品等開発支援補助金制度

市内の中小企業者等が新商品等の開発を行う場合に、経費の一部を次のとおり助成する制度。

補助率・補助額:補助対象経費の2分の1以内とし、50万円

現地窓口/サポート

郡上市商工会事業承継支援センター

その他の継業情報