第二の人生は誰かの役に立つ仕事を。高級しいたけ農家の想いを受け継ぐ | ニホン継業バンク
  • 会員登録
  • ログイン

2021.05.24

第二の人生は誰かの役に立つ仕事を。山への思いを受け継ぎ、日本一を目指す「道田農園」の高級しいたけ

連載「継ぐまち、継ぐひと」

継ぐまち:石川県七尾市

継ぐひと:高島英二

譲ったひと:道田照雄

〈 この連載は… 〉

後継者不足は、現代の日本が抱える喫緊の課題。「事業を継ぐのは親族」という慣習や思い込みを今一度とらえ直してみると、新しい未来が見つかるかもしれません。ここでは、地域の仕事を継ぐ「継業」から始まる豊かなまちと人の物語を紹介します。

取材・文:石原藍    写真:酒井裕子    編集:浅井克俊、中鶴果林(ココホレジャパン

1個3,000円で売れる高級しいたけ

石川県の北部、日本海側に突き出た能登半島は、豊かな生態系や自然環境が残る「里海里山」が集約された地域だ。2011年6月に日本で初となる世界農業遺産に認定されたことも記憶に新しい。そんな能登半島のほぼ中央に位置する七尾市は、七尾港を中心に江戸時代から明治時代に寄港地として栄え、伝統的な農林漁法や工芸、食文化が息づいてきた。

このエリアで栽培されているのが、「のと115」と呼ばれる原木しいたけだ。最高ランクであれば1つ3,000円以上で販売され、価格も味もマツタケを超えるといわれている。

”山のアワビ”と言われる「のと115」

七尾市にある「道田農園」は「のと115」を栽培するしいたけ農家だ。代表の道田照雄さんは元鉄道会社勤務。「自然の循環を大切にした生き方をしたい」と、2003年にしいたけ農家に転身した。

この地域では、冬季の副収入にと副業でしいたけ栽培を手がける農家が多いなか、道田さんはしいたけづくり一筋。「既存のやり方では自分の目指すしいたけはつくれない」と、試行錯誤を続けてきた。そんな道田農園のしいたけは肉厚で味が良く、石川県内はもちろん、東京の有名レストランなどからも注文が後を絶たない。

道田さん。自然界に欠かせない菌に興味を持っていたことから、しいたけ栽培の道に進んだ

しかし、原木栽培は手間ひまがかかる上、栽培が難しいことでも有名だ。生産者の激減や体力の衰えなどから、道田さんはこれまで培ってきた栽培技術を次の世代に託したいと何年も前から考えていた。

そんななか、継業バンクを通じて道田さんの技術を受け継ぐことになったのが、高島英二さん。北陸でペットショップチェーンを経営していた、異色の経歴の持ち主だ。なぜ元経営者がしいたけ農家を承継しようと思ったのだろうか。

第二の人生は恩返し

北陸3県でペットショップチェーンを経営していた高島さんは、2019年に会社を事業譲渡した。

「きっかけは子どもたちの大学の授業料を納め終わったことです。『これで親の務めは果たしたな』と思いました。これからは第二の人生として、自分のやりたいことをやろうと思ったんです」

「会社を譲渡すると言ったら、初めは家族も半信半疑でしたね」と高島さん

今は会社を退いても、あと20〜30年はやりたいことができる。そこで、今後の進路を考える上で、高島さんには決めたことがあった。

「それは『誰かの役に立つ人生を送る』ということです。これまで経営者としていろんな方に助けていただきました。これからは『恩返しの人生』だなと思って」

経営者の経験を活かし、新たに起業する道もあったかもしれない。しかし、高島さんはあくまで「私にしかできない仕事、私を必要としてくれる仕事」を模索していた。その選択肢として挙がったのが「事業承継」だった。

「もともと食べることが好きなので、農や食の分野で探していました。そんな時に継業バンクの記事を見つけたんです」

早速窓口となる(当時)七尾街づくりセンターに問い合わせた高島さん。しかし担当者からは「道田さんはなかなか手強いですよ」とのこと。聞けば、事業承継の希望者はこれまで何度か現れたものの、道田さん家の玄関先で返されることもあったそうだ。

変に取り繕うことなくありのままの姿を見てもらおうと、自然体で臨んだ高島さんだったが、意外なことに和やかな雰囲気で最初の対面を終えた。その時の印象を、高島さんはこう語る。

「道田さんと話をさせていただき、しいたけづくりを始めたきっかけや自然への思いを聞き、なんて魅力的な人だろうと思いました。私も経営者としてこれまで部下が何人もいましたが、この年から師事できる方に出会えたことに感動しました」

道田さんは高島さんに会って、どのように感じたのだろうか。

「高島さんの経歴はまったく知りませんでした。山仕事ができるかどうかは正直未知数でしたが、会社を経営してきた経験からか、挑戦しようとする姿勢を感じましたね。今まで来た人はしいたけを金儲けの手段として考える人が多かったのですが、高島さんは山や自然の考え方に共感してくれた。それが一番大きかったと思います」

そこから高島さんが道田農園を承継することが正式に決まり、2020年9月から二人の師弟関係がスタートした。

人間の営みの基本となる山への思い

現在、金沢市に住んでいる高島さんは、片道約1時間半かけて道田さんのところに通いながら、しいたけづくりのいろはを教わっている。

原木のしいたけ栽培は、コナラ、ミズナラなどの原木に、しいたけの元となる「形成菌」を打ち込む。あとはしいたけが発生するのを自然に待つだけ……ではない。天候に応じて乾燥や日差しを防いだり、温度や水分を調整しながら原木を組み替えたりなど、収穫期の11月後半〜4月を迎えるまで、日々繊細な手入れが必要なのだ。

形成菌を打ったばかりの原木。ここから時間を置き、菌糸を充満させていく

また、原木は「ホダ場」と呼ばれるしいたけの生育に適した林の中で育てていくが、このホダ場の整備も重要な仕事。風通しが良くなるよう木を間伐し、原木を置く場所や人や車が入る道を切り開いていく。これも自分たちで行うのだから、しいたけ栽培は実はとても重労働なことがわかるだろう。

道田さんが整備したホダ場。原木も一本ずつ手作業で積み上げる
この道も道田さんが一人で切り開いた

「初めてホダ場を見た時は驚きました。こんなにたくさんの原木をどうやって運んだんだろうって。道田さんに教えていただくなかで、この仕事は単にしいたけを育てるだけではなく、山そのものを守ることにつながっていることを知りました」と高島さん。

ホダ場にはいつも柏手を打ってから入る高島さん。足を踏み入れるだけで空気が変わり、神聖な気持ちになるという

道田さんが17年間かけて続けてきたことを見様見真似で実践する日々。1本10kg以上ある原木を積み上げたり、切り倒した木を運んだり……経営者だった時には想像もつかない肉体労働だ。しかし、太陽が昇るとともに動き始め、日が沈むとともに帰路につく生活は健康的で、「おなか周りも少しスッキリしました」と高島さんは笑顔を見せる。

そんな高島さんの姿を見て、道田さんも微笑む。

高島さんは原木に『頑張れよ』って声をかけるんですよ。私はそんなことはしたことがなかった(笑)。でも、高島さんが声をかけた木は、今年しいたけが大豊作だったんです。驚きましたね」

「この笠の開き具合がいいんですよ」としいたけを愛おしそうに眺める高島さん

作業が終わると道田さんの家に戻り、二人でお茶を飲む。「いつも2時間くらい師匠のありがたい説法を聞いています」と笑う高島さん。まだ出会ってから半年とは思えないほど、二人の師弟関係にはすでに絆が生まれつつある。

事業承継に第三者が入ることの意味

今回の事業承継を陰でサポートしていたのが、元七尾街づくりセンターのシニアマネージャー浜田宏勝さんだ。

元七尾街づくりセンターの浜田さん。七尾市にUターンした。

個人間での事業承継や事業革新のサポートを目的に設立された七尾街づくりセンター(2021年3月末で事業終了)では、これまで事業者の窓口となり、数々のマッチングを手がけてきた。

七尾市は従業員が10名以下の企業が多く、『自分の代で会社を閉めよう』と考えている事業者が多いのが現状です。しかし本心では“できれば残したい”と思っている方がほとんど。これまで築いてきた価値を絶やさぬよう、事業者の考え方を変えていくことも私たちの役割なんです」

実は道田さんも、自分の代で農園を辞めるか迷っていた時期があったという。しかし、「しいたけ栽培を通して山を守り育てていく」という道田さんの思いに浜田さんも共感し、「ここでなくしてはいけない」と、ともに事業継承の可能性を模索し続けてきた。

また、浜田さんは単に人をつなげるだけでなく、事業承継計画書の作成や補助金の申請についてもアドバイス。事業承継に関する支援は、国や自治体によってさまざまな制度があるが、実は知られていないものも多い。活用できる補助金を確実に申請することで、今後の事業拡大につなげていくこともできるのだ。

実際に、道田農園では高島さんの承継を機に、大型の乾燥機を導入。しいたけを使った新商品の開発を進めており、新たな販路にもつながりそうだ。

また、事業承継において避けて通れないのが、土地や設備などの所有条件や費用面の合意だ。浜田さんは、道田さんや高島さんが道田農園をどのようにしていきたいかをヒアリングし、立会人として二人の間を取り持った。

高島さんは道田農園の共同経営者として施設や設備を共有し、原木も道田さんと半分ずつ所有。道田さんが栽培したしいたけは高島さんに卸し、高島さんが販売を担当。売り上げのうち、自分がつくった分が利益になるよう取り決めた。

ほかにも、機械の使用やビニールハウスの掃除といった作業のルールはもちろん、「相手の政治信念には口を出さない」といったことも書面に残している。すべてはお互いが気持ち良く取り組むためだ。

道田さんと高島さんが良好な関係を築けているのは、事前に話し合ってルールを決めた上でお互いにリスペクトの気持ちを持っているからだと思っています」と浜田さんは語る。

事業承継は親子間ですら難しいもの。赤の他人が受け継ぐ場合は、さらに細やかなコミュニケーションが必要だ。そういう意味でも、浜田さんのような存在が第三者の立場で事業承継に立ち会うことはとても重要ではないだろうか。

「道田農園」の名前を残す理由

承継するにあたり、高島さんが希望したこと。それは「高島農園」にするのではなく「道田農園」の名前を残すことだった。「道田さんが命懸けで守ってきたものを譲ろうとしてくださるのだから」と譲らなかったそうだ。道田さんの思いや生き方そのものを受け継ぐ、そんな高島さんの強い意志がうかがえる。

今後高島さんは3年ほどかけて道田さんの技術を学び、農園を受け継いでいく。近いうちに七尾に拠点を構える予定だ。

「私たちが目指すのは日本一のしいたけです。あとは道田さんの夢だった『しいたけの専門店』を実現させたいですね。完全無農薬で心も手間もかけて育てているしいたけを、全国の人に知っていただきたいです」と、高島さんは目を輝かせる。

「自分が挑戦したい方だから、高島さんがやりたいことにはできる限りNOを言わず、応援したい」と道田さん

事業承継において大切なことは、単に事業を受け継ぐだけではなく、譲り手と継ぎ手の「わかろうとする気持ち」が大切なのかもしれない。

道田さんがこだわり続けてきたしいたけづくりや山への思いは、高島さん、そしてさらにその先に受け継がれていく。二人三脚ははじまったばかりだ。

継いだもの:道田農園

住所:石川県七尾市古府町お部12-2

TEL:0767-52-5866

おすすめ記事